logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2011.02.08

多幸の呑です
今日は焼酎と全く違う話しです。先日、新聞の記事に目が止まった、内容です
今,流行りの、デコ電や、デコデジカメラ、何でもデコは出来るって、
これって、日本独自の発展をしているそうです、ベルサイユ宮殿のシャンデリアも飾る有名ブランドの
スワロスキー社、日本代表のコメントで、西欧では日用品は、飾る習慣がなく
クリスタル等は、大人が身につける。日本は、個性的で、アバンギャルドなんだとか、
ファッションは今、日本から生まれると、オーストラリアの本社から、原宿、渋谷に、わくわく
しながら、やってくるそうです。
デザインの世界では、過剰な装飾は、洗練されていない幼稚さの現れと、味に関しても
濃い味を好むのは、子供で、大人は、薄味が分かってくると、過剰さは、大人げないとの考え方がある
その反面、幼稚さが、『かわいい』と、これは、大人も肯定してる、近代社会は、個人の自立、大人になろう
と頑張って来たけど、それが、最近10年間は、大人に成らなくていいよ、との自己肯定感が広がって来ていると
かわいいが、今の日本を表していると、『Kawaii』の言葉で広がって来ている。ポスト近代の世界中に
幼稚さも広がって行く、何とも興味深い話だと思いませんか?心配しないでね、多幸の焼酎のボトルがある日
全てデコボトルには、成らないからね。でも、何本か造っても面白いかな?


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30