logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2012.03.31

今晩は!多幸の呑です
今夜は、木桶蒸溜、荒漉し仕上げの「千亀女 舞」を呑みます
その前に、千亀女の名前が気になり調べると鹿児島の古い民話に出て来る美人と判明
しました、内容には触れず、先ず呑む事にします
いつもの様に生で呑むとほのかに木の香りを感じ、呑み口は甘くフィニッシュはドライな印象
が残りますロックではかなり呑み易く、お湯割りにすると、亀仕込み風味と荒漉しの味の深みを感じます


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30