logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー
2013.10.04

いや〜久しぶりのブログです。こんにちわ多幸の呑です
先月、52歳を迎え益々1日の時間の経つのが早く感じる様になるんかな?
誰かが、それは、年につれ、生きることの摩擦係数が減るから、時間が滑りやすくなると
言ってたのを思い出してしまうのですが、呑は少し違うと思います、確かに年と共に色んな経験を踏むので
一理あるけど、希望や夢を追いかけていれば、そんなに感じないのではと、諦めた時から一揆に加速する
色々な方々から、面白い体験談や、旅先での出来事、自分は経験した事の無い事だらけです、楽しい話を
聞くとやはり、自分でも体験したくなる、小さな夢が増えて行く、どうせ行けない出来ないと諦めると時間が早く経過する
呑はそう思うのです、そんな事を考えている時に先日、多幸で7,8年前にアルバイトで手伝ってくれた、OBの男の子が
尋ねて来てくれたのですが、彼は、3年前に、突然、オーストラリアに当てもなく行くと、何かを見つけに、英語もしゃべれないけど
無性に行きたくなったと、今しか出来ないと思うから、理由はそれだけ、その彼が、呑にお礼を言いに、向こうに渡り当然、
働ける場所も限られる、そんな中、レストランバーのオーナーから気に入られ採用となる、それが、多幸での2年間の体験から得たことが1番大きかった
貴重な時間を過ごさせていただいたお礼に来たと、話を聞いた瞬間に本当に鳥肌が立ちました、彼は近日、就職が決まり東京に行くそうです、自分の可能性の
チャレンジをしに、彼の中で時間は、ゆっくりと、決してだらだらでは無く、脈々と流れているんだと思います、呑も負けず、今日から1つ新しいことにチャレンジです


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30