logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2012.11.07

今晩は!多幸の呑です


たまには、プライベート事を、色々と紹介していきたいと思います
今回は、先月に連休をいただき、大好きな先輩のお勧めの温泉に行く事に
それが、写真にある、飛騨高山にある旅館なのですが、高山市内から、1時間程の
山の中です、大阪から、車で行くも、思ったより遠いっす、余裕かまして出発するも
旅館に到着したの、晩御販の受付終了ギリギリでした(汗)



この場所はフロントの横にある、くつろぎの場所、部屋まで案内していただくまで
しばし休憩、凄く感じの良いスペースで、身も心も癒されます、マンガが沢山置いてあり
今、流行りのワンピースも有ります



食事も凄く美味しく、鮎の塩焼きは、全く臭みが無く絶品!
飛騨牛が美味しいのは当然です
それに、増してこの旅館は温泉が凄い、家族風呂、貸し切り風呂が
別チャ−ジでは無く、予約も要らず、空いていたら、1組40分程度の制限はあるものの
自由に入って下さいって感じが、たまらなく嬉しいです
貸し切り風呂は、2箇所有り、湯船は、大木を輪切りにしたもので大人1人が
入れる大きさです、家族風呂は1つですが、露天です、どちらも、入る時に入り口に有る
札を、入浴中にします鍵もあります
都会の喧噪から抜けだして家族だけで、プライベートな時間を過ごせます



高山市内には、有名な朝市が有るので、2日目に行く事に
写真は、旅館の近くの極小規模な朝市で、近くで朝取れた新鮮な
野菜や地元ならではの作物が並んでました、そんな中、普段身近かで
食べている、トマト&きゅうりが、目に入りました、横に木製の賽銭箱の様な
ものと、食塩が置かれ、100円を入れて下さいと、完全セルフサ—ビスです
山から流れてくる湧き水に浸けられてるさまが、何とも美味しいそうに見え
食塩だけで、丸かじり、この瞬間はどんなごちそうを食べる時にも負けてない
そう思うのは、呑だけかな?


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30