logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2011.10.12

今晩は、多幸の呑です
目の前に目標が見えてるのに引き返す選択は、僕の中には無く、このまま前進
気持ちは固まっているものの、やはり、車の事も考えなくては、1度、車から降り、歩いて先の状況を
確認する事にしました、しかし、背丈も有る、生い茂る雑草は、手強い、手でかき分け、足で踏み潰し
10m進むのも普通に歩く倍の時間がかかります、何とか道は、最後迄、続いてる様です、車に戻りエンジンを
かけ、前進です、フロントガラスに、訳の分からぬ、虫が、一面を覆い気分が悪いのも、我慢、目的地はもう目の前です
その間、どれくらいの時間が過ぎたのか、やっとの事で工場の敷地に到着しました、敷地内で、道が二手に分かれています、煙突の有る方に
自然に進みました、ここまで来れば、ナビ不要です、直感に任せ、進むだけです、坂を登ると工事現場の事務所の様な建物の前に出てきました
一見プレハブの建物です、勝手に迷い込んできました、緊張感高かまる中、扉を開けました、「失礼します!」勇気を振り絞り叫びました、
扉を開けた瞬間、目の前に、焼酎を仕込む龜が、目に飛び込んで来ました、そこには、1人の職人さんが、カメに櫂い入れをしている最中でした
正直、なんのアポも取らず、勝手に仕事場の扉を開けてしまった瞬間やばい、失礼な事をしでかしてしまったと、冷や汗がでました


その瞬間『すいません!」と叫んでいました。すると、汗一杯に櫂を入れた職人さんの満面の笑顔に助けられました、この時、これから、始まる、鹿児島の旅は、間違い無く、充実した時間に成ると感じました(次回に続く)


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年9月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30