logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2011.10.19

今晩は!多幸の呑です
田苑酒造さんの敷地内に有る、資料館は、木造の2階建てで、創業当時、230年前に熊本に有った、建物を、そのまま、移送して
復元させた、建物と聞き、驚きました、、中に入ると、肌寒いと感じる位、ひんやりとしていて、証明は暗い感じです
1階には、当時に、使用していた、龜、ちんたらと呼ばれる蒸留機、蔵元さんで造ってる焼酎の数々、芋、麦、米も有り
試飲も出来たのが嬉しかったです、この、資料館では、年2回、サロンコンサートを開催しているとの事です、と言うのも
社名でも有る田苑は、べートーベンの「田園」に由来し、実際に焼酎の熟成過程に音楽、特に、クラシックを聞かせてるとの事
、「今でも、田園を聞かせてるの?」と聞くと、「同じ曲ばかりだと、焼酎も飽きてストレスになるので、他にも、色んな曲を聞かせますが、クラシックが一番効果が有る様です」と教えてくれました
理由は、他のジャンルの音楽よりも、使用する、楽器の種類が多く、音域が広く、振動を与える事が出来き、優しい焼酎が出来るとの事です
焼酎以外でも、乳牛に音楽を聞かせると、より、健康的な美味しい牛乳が、出来ると言うのも聞いた事が有るので、とても、不思議で科学的な事は
分かりませんが、そんな、話しの内容が面白く、より一層、焼酎が美味しく呑めるのも事実です、「お前の話は、焼酎がまずくなる」
と言われるのだけは、避けたいと思います(次回に続く)



資料館で撮った昔の道具です


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年9月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30