logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー
2010.12.08

今日、新聞のある記事に目が止まる。中学1年生の女の子の、話で『親友』の意味が変わりつつ有るらしい、
『親友』とは、親しい友と書くから、皆に当てはまり、物足りない、どうも、言葉を乱用してる様で、凄く、軽い
意味合いに使われてて、『親友』以上の友達を『神友』『心友』とも、書くらしく、彼女なりの、アイデアだと、思うのだが、
何か違うやろって思うのは、僕だけかな?その他にも、「深友』で、従兄弟や、付き合いの長い人らしい、ここまで、色々分けないと
いけない、ある意味、大変な時代になって行ってるって感じ、自分の時代は、『連れ』で、良かったし、理屈抜きに、連れは、連れだった、
その中でも、親友って呼べる奴は、1人か2人居れば、それで、凄い事だと、思うのですが。
女性と、男性では、少し友達の感覚など、も違うとは、思うのですが、複雑ですね。


 


 


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年11月
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30