logo
焼酎BAR多幸焼酎BAR多幸コンセプト焼酎BAR多幸 料理焼酎BAR多幸 お酒焼酎BAR多幸 ギャラリー焼酎BAR多幸 店舗紹介焼酎BAR多幸 スタッフ紹介焼酎BAR多幸 BLOG焼酎BAR多幸 ご予約




ー TAKO'S BLOG ー

2011.09.25

多幸の呑です
今夜は、霧島町蒸留所で造る「明るい農村」を呑みます
黒、白麹をバランス良くブレンドしています
先ず生で呑みます、芋の香り強く、口に含むと甘さが勝っています
しかし、切れは良いです、ロックで甘味が引き立ちます
お湯割りにする、少し濃いめに作り、少し温度を下がってくる頃が美味しく
なります、どちらかと言うとロック向きな様に感じます
仕込みのこだわりとして、龜貯蔵に使用する龜が稀少な品で
「江戸龜』と言う540L位の容量の小さい通称「3石龜」と言われる龜
で貯蔵している事で香り高い焼酎が生まれるのだと、感じました


コメントフォーム
タイトル
お名前
メールアドレス
コメント
多幸の記憶
 
2017年9月
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30